めゆきちのブログ

色鉛筆でゆるくてカラフルな世界を描いてます。

「ノスタルジア」について

こんにちは、めゆきちです。

 

今回はギャラリーカフェテオさんでの企画展「ノスタルジア」に

出展した作品について少し書こうかと思います。

 

 

f:id:meyukichi:20191101232237j:plain


会期中にご来場くださった皆さん、ありがとうございました!


最初に展示の告知を見た時は、自分の絵柄では難しそうだな...

と感じ参加を見送ろうとしていました。

しかし、気になっていたお店でいい額縁に出会えたのと、

元々名古屋コミティアとグループ展に出る予定で、

せっかくならテオさんの展示にも出れば、「芸術の秋」感がより増すのでは

と思い参加を決意しました。



作品のタイトルは「あの日の彼女」です。

あの日、とはどんな日なのか、というと

出会った日です。

今ではすっかり仲良しな友達、職場の人など

出会ったばかりの時というものが誰しもあるはずです。

そんな時を思い出し懐かしむというのも、一つのノスタルジーかなと

思い描きました。

 

色鉛筆は普段使わないような色を使っていたり、

額も深緑色で落ち着いた感じにしたので、

普段と違って切ない感じの作品になったかと思います。


また、展示作品はありがたいことにお迎えいただきました。

世界に一つだけの原画です。大切にしていただけたらと思います。

 

物販でもポストカードをお迎えしていただけて、嬉しかったです...!

 

ほかの作家さんの展示作品も拝見しましたが、

ブラックライトを使うと光る仕組みになっていたり、

懐かしい音楽要素がたくさん盛り込まれていたりなど

きれいなだけじゃない、見る人を楽しませる工夫がされていて

面白かったです!!!

 

次の記事では、別の展示の作品について書きます。ではでは